Makerbot Logo

(C) 2009–2017 MakerBot Industries, LLC.
MAKERBOT、 MAKERBOT REPLICATOR 、MAKERBOT DITIGIZER およびMAKERBOT THINGIVERSE は、 MakerBot Industries, LLC. の商標、もしくは登録商標です。
無断転複写、転載を禁じます 。
株式会社ストラタシス・ジャパン 〒104-0033 東京都中央区 新川2-26-3 住友不動産茅場町ビル2号館8階 | 法令関係 | プライバシーポリシー

教育現場において、「これから」の
人材育成を支えるメーカーボット

今日、さまざまな教育機関では、多くの教職員や
学生たちが、授業や研究活動において
メーカーボットの3Dエコシステムを活用しています。

Florida Polytechnic University
フロリダ工科大学

フロリダ州は、この辺りの地域をシリコンバレーのような産業地帯にする構想を打ち出し、その中枢として期待されたのが、フロリダポリテクニック大学です。学生にとって大学選びの重要なポイントの1つは学内の設備です。本学にある「RADメイカースペース・イノベーション・アカデミー」は、3Dプリンタや3Dスキャナー、計測機器などおよそ70もの機器を完備した施設です。同校に新設されたメーカーボット スペースは大きな話題となり、大学のウェブサイトにはアクセスが殺到、世界中から注目を集めています。

Brooklyn Technical High School
ブルックリン工科高校

科学・数学・工学・技術の特化教育を行う高校として全米最大を誇る、ブルックリン工科高校(Brooklyn Tech)。インタビューでは、同校の教師である Tom Curanovic氏がラピッドプロトタイピングから、コンピュータ統合生産(CIM)ラボにどのように変換していっているのかについて解説。また、本学で学んできた生徒、Vishnu Sanigepalliさんは、メーカーボットのデスクトップ3Dプリンタ、Replicator 2 を使って学んだことについて語っています。

SUNY New Paltz Innovation Center
ニューヨーク州立大学ニューパルツ校

メーカーボットのイノベーションセンターを世界初、いち早く導入したのがニューヨーク州立大学ニューパルツ(New Paltz)校です。メーカーボットの3Dプリンタ、Replciatorが30台以上並ぶ専用施設が校内ビルの1階に開設されました。理工系の学部長、フリードマン氏は言います。 「違ったものの見方・思考を養うという意味で、3Dプリンタの果たす役割は大きいです。ここで得られる3Dプリントやアプリケーションの知識・経験は、社会へ出ていく学生達にとって大いに役立つことでしょう。 」

Stratasys | 3D Printing Solutions