Makerbot Logo

(C) 2009–2017 MakerBot Industries, LLC.
MAKERBOT、 MAKERBOT REPLICATOR 、MAKERBOT DITIGIZER およびMAKERBOT THINGIVERSE は、 MakerBot Industries, LLC. の商標、もしくは登録商標です。
無断転複写、転載を禁じます 。
株式会社ストラタシス・ジャパン 〒104-0033 東京都中央区 新川2-26-3 住友不動産茅場町ビル2号館8階 | 法令関係 | プライバシーポリシー

MakerBot MinFill
造形スピード30%アップ、フィラメント30%節約

今回行われたMakerBot Printのブレークスルーともいえる新機能により、より短時間に、より少ない材料で、アイデアからモデルを造形できるようになりました。弊社がお客様企業に提供した最新の事例では、MinFillにより、MakerBot Printで、まったく新しい造形モードと革新的なインフィル設定を実現できました。

MinFillは、造形する物体の品質や外観を低下させることなくインフィルを最小限に抑えることが可能な、初めての汎用ソリューションです。弊社の試験では、MinFillにより平均で造形時間を30%、フィラメント使用量を30%削減できており、造形物の内部容積が大きいほど、時間の削減率が大きくなります。球のように内部容積がきわめて大きいモデルでは、造形時間を80%も短縮できています。

また、MinFillでは、作業を反復する間の遅延時間が短いため、設計工程をさらにスピードアップできます。造形速度が重視される形状の検討のような場合には特に効果的です。

Stratasys | 3D Printing Solutions

MakerBotのソフトウェアチームは、積層造形時にモデル全体にインフィルを造形する必要がある、という考え方に対して挑戦を続けてきました。開発を開始して1年後、チームは、インフィルの使用量を大幅に最適化できる新しい画期的なアルゴリズムを生み出しました。

MakerBot Printの新しいMinFill設定では、高度なアルゴリズムを使用して自動的に3次元モデルを解析し、インフィルを必要とする位置を判断します。MinFillは、モデル全体に均一なインフィルを使用するのでなく、天面や一部の表面など、支えが必要な部分のみにインフィルを使用します。MinFillは、物体の形状に応じて、狭い部分を起点として支えが必要な部分に分岐していく支柱や、壁面に取り付けられた天面を支えるサポート材、きわめて低密度のインフィルなど、可能な範囲で必要最小限のサポート材のみを物体内に造形します。

弊社で容積の大きなさまざまな物体の造形試験を行ったところ、MinFillは、平均で造形時間を約30%、フィラメント材使用量を30%、削減できています。個々の場合の改善比は、物体のサイズと形状により異なりますが、内部容積の大きな物体の造形ほど、大きな効果が得られます。たとえば家庭用品メーカーOXOが製造したこの水差しの場合は、標準的なインフィル設定の場合に比べ、造形時間を47%、フィラメント使用量を190グラム削減できています。このブルートゥーススピーカーでは、デフォルト設定の場合に比べ、造形時間を37%、フィラメント使用量を145グラム削減できています。

MinFillによる造形時間短縮効果が最も大きいのは、ブルートゥーススピーカーや、ゲームコンソール、ホームシアター用スピーカー、家電機器の部品、携帯型製品など内部容積の大きな物体です。この造形モードは、短い納期が要求される商品開発者やデザイナーなどの専門家ユーザーにとって理想的です。

MinFillを使用すると、初期段階に反復的に行われるコンセプト確認作業の時間を劇的に短縮でき、 設計工程を大幅にスピードアップできます。大きい物体を短時間で造形して設計や適合状態をすばやく評価でき、何回も反復する間の遅延時間を大幅に短縮できるため、より早く意思決定することができます。

全体の形状、サイズ、バランスなど設計の基本事項を評価するために反復的に行われる形状確認用のモデル造形には、MinFillが理想的です。このようなモデルの造形では構造強度よりも造形速度の方がはるかに重要です。例えば、デザイナーがブルートゥーススピーカーの形状と感触を評価することを想像してみてください。デザイナーが何度もモデルを造形して確認するときは、軽い力で手に持ってみるだけであり、大きな圧力が掛かることなどありません。このため、モデル全体をインフィルで埋め込む必要はないのです。

※2017/3/30現在、MakerBot Printバージョン2.0にてデータ変換した際に表示される樹脂使用量の推量値がMakerBot Printバージョン2.0以前のバージョンの推量値よりも多く表示される不具合が報告されております。
造形の出力自体には問題ありません。現在、本不具合の原因、解決方法を調査、検証しております。
対応方法が決定次第ご案内いたします。お客様にはご迷惑とご不便をおかけし申し訳ございません。
いましばらくお待ちいただけますようにお願い申し上げます。